ひんやりした日曜の午前に昔を懐かしむ

テレビのインタビュー等で、「姉ちゃん」について聞かれたら、君はなんて答える?「剣士」は、人によって印象が全く違うなのかもね。

テレビのインタビュー等で、「姉ちゃん」について聞かれたら、君はなんて答える?「剣士」は、人によって印象が全く違うなのかもね。

涼しい木曜の午前に熱燗を

物語を読むのは好きなことの一つだけどどんな本でも読むわけではない。
江國香織の文章にとても惹かれる
もうずいぶん同じ小説を読み続けている位だ。
登場人物の梨果は、8年を共にした恋人の健吾に別れを告げられてしまうが、そのきっかけの華子と一緒に暮らすようになるというとても奇妙な内容だ。
とにかくラストは衝撃的で、大胆な形だが最後まで読んだうえで内容を思い出すと「確かに、この終わり方はありえるかもしれないな」というのを匂わせている。
とにかく江國香織はワード選びや登場させるミュージシャンや、物などが洗練されている。
ミリンダが登場するとミリンダが飲みたくなるように書いてあるし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽が出れば同じようにCDをかけてしまう。
ワードチョイスの仕方が上手なのかもしれない。
それに、ピンクグレープフルーツそっくりの月、という文章がどこで作られるのだろう。
表現に惹かれ、深夜に何回も同じ江國香織の文庫本を読んでしまう。
好きな作家さんの作品との夜遅くのこの時間が夜更かしのきっかけなのだろう。

陽の見えない月曜の夕暮れにビールを
あんまり、ドラマは見ないけれど、最近、それでも、生きていくを見逃さずに視聴している。
犯人側の親兄弟と被害者の親兄弟が会うことになってといった内容で、常識的にいってありえない話の中身だと思う。
殺された側の親兄弟と加害者側の家族のどちらの家族も不幸なストーリーがえがかれている。
内容の中身はすごく暗いと思うが、しかしその分、映像はきれいな雰囲気につくられている。
花や緑や自然の映像がたいそう多くて、牧歌的というのかきれいな映像がすごく多い。
この後、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

余裕でお喋りする父さんと花粉症

今日この頃は、海辺に釣りに道具を持っていってない。
業務でめっちゃ多忙で出かけられないのもあるけれど、すごく日差しが強いから、行きにくいのもある。
それに加え、通りがかりで近くの堤防を見学しても魚をあげている雰囲気が見えないから、気持ちが高ぶり行きたいとは思えない。
めっちゃかなり見えるくらいだったらすぐにでも行きたくなるだろうな。

前のめりで走る君とぬるいビール
晩酌に、ビールを飲むのが楽しみになっているけれど、最近はさらに、ワインを飲んでしまう。
もちろん、その後に接待のような仕事がない時に限定されるけれど。
家族と離れて暮らしていた時に、マンションの近くでワインショップを見つけて、父の日も近かったので買ってみた。
私は若干見栄を張る癖があるので「1万円以上のプレゼント用ワインを探しています」なんて言って。
実家にプレゼントした、ワインが一万円することをついつい言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
その他の感想は特にはなかった。
この一件で、私はあまりワインの質にこだわらなくなった。
楽しい!と感じる時間の友だったら、値段や質にはこだわらないと決めた。

そよ風の吹く水曜の日没はお酒を

南九州の少しお歳の女の人は、日々、弔花を霊前にやっているから、なので、花がたくさん必要で、切り花農家も山ほどいる。
晩に、バイクで疾走していると、菊の栽培の照明がちょくちょく晩に、バイクで疾走していると、菊の栽培の照明がちょくちょく目にとびこむ。
建物の電灯はとても少ない田舎だけど、電照菊光源は頻繁に視認できる。
菊の為の電灯はさいさい目に触れても人通りはめちゃめちゃわずかで街灯の照明も大変わずかで、物騒なので、高校生など、駅まで迎えにきてもらっている子ばかりだ。

騒がしく泳ぐあの人と冷めた夕飯
何年か前、はたちの時、友達と3人でお隣の国の釜山に買い物に出かけた。
初の韓国旅行で、ホテルに1泊2日の宿泊だった。
メインを随分見て、ワクワクしてたけれど、それから道に迷ってしまった。
日本語は、全然通じないし、英語も少しも通じなかった。
そしたら、韓国のサラリーマンが完璧な日本語でメインの場所を伝えてくれた。
働きはじめる前に横浜に来て日本語の知識習得をしたとのこと。
おかげさまで、また、良いツアーをすることが可能になった。
最終日、バスで道を説明してくれたその人に縁があって再会した。
「ぜひまた」と言われたので、私たちはこの国が印象的な国になった。
いつも有給は韓国への旅が恒例だ。

気分良く体操する友人と花粉症

きのうは、一カ月ぶりに大雨が降った。
アジ釣りの約束を釣り仲間としていたのだけれど、雷がなっているので、さすがに危険で行けなかった。
一度、雨がやんだので、やっぱり行くということになったのだが、釣りに行ける道具の準備をして、行ってみたら雨が降ってきた。
雨が止んだことにより先に来ていた釣り人が、あわてて釣り道具を車に入れていた。
えさを解凍して準備していたがもったいなかった。
またの機会に行ける日にと話して釣りざおなどをなおした。
明々後日からは晴れらしい。
その時は、次こそ行きたい。

雨が降る平日の昼は料理を
チカコと天神のアバクロにショッピングに行った。
本当にAbercrombieのファッションコーデが大好き。
それに、お店の中のデザインと、充満している匂いが。
1時間くらいみて、店を後にした。
気付いたら、私が道をふさいでいたので、ごめんなさい!と言い振り返る。
そういえば、店員さんだと思っていたお兄さん。
笑いながら、大丈夫ですよ、と言っていた。
ビックリしたのは、彼のショップ袋。
Abercrombie & Fitchでどんだけ買い物したの?と聞いてみたかった。
そして、スタバで知佳子とその男の人の収入予測で話が弾んだ。
答えは永遠の謎だ。

目を閉じて跳ねる妹と観光地

スタートさせたら、完璧に仕上がるまで多くの時間を要するものが、世間には数多くある。
代名詞は、他言語ではないかと思う。
だけど、お隣の韓国の言葉は、まれに、母国語である日本語と同じく、SVOで、しかも発音がそっくりなので、身になりやすいそうだ。
しっかり韓国語を学んだ友達は、今から始めても割と身に付きやすいのでお勧めだよとのこと。
少しだけ憧れたけれどどうしても文字は絵にしか思えない。

暑い祝日の夕方に友人と
名の通った見学箇所の、法隆寺へ足を運んだ。
法隆寺式の伽藍配置も充分見せてもらい、五重塔、講堂も目にすることができた。
資料館では、国宝に指定されている玉虫厨子があり、思っていたよりも少しだけ大きかった。
この寺について身につけるにはきっと、多くの時間を欲するのではないかと考えている。


ページの先頭へ